ホーム >  地域支援型グループホーム 自己点検シート

地域支援型グループホーム 自己点検の情報をご提供ください。

 いつも大変お世話になっております。 「地域支援型グループホーム 自己点検シート」によるアンケート調査を当会のホームページを使い行うこととなり、会員の皆さまにご協力を頂きたくお願い申し上げます。集計結果については厚生労働省や自治体等の関係機関との話し合う資料等に活用させていただき、また、全国グループホーム団体連合会主催の「第5回全国フォーラム」に於いても報告をさせて頂きます。
 調査期間 平成29年5月1日(月)から平成29年5月25日17時まで
 お忙しい中とは思いますが回答のご協力をお願いいたします。
全国グループホーム団体連合会  
代表 宮崎 直人  
  
 認知症になっても、誰もが安心して暮らすことができる社会の実現のために、グループホームが担ってきた役割は、認知症の人々家族にとって、まさに安心して暮らせる住まいと尊厳を支えるケアを提供することでした。そのケアとは、個々の認知症の方々の意思に沿って、なじんだ暮らし方を維持し、家族や地域の親しい人たちとの絆を保持しながら暮らせるように支援することです。またグループホームで培われた認知症ケアの強みを活かして、利用者に限らず、地域の認知症の人の支援においても力を発揮していくことが求められています。
 そこで、これからのグループホームの目指すべき姿として、
  @入居者の地域生活の継続性
  A地域における認知症支援
 この2つの役割を担っていくことが重要であるとし、地域交流に関する実態調査結果(平成25年度)を踏まえ、地域支援型グループホーム自己点検シー トを作成しました。
 平成27年度からの厳しい介護報酬改定の中、ハードルの高いチャレンジになると思いますが、私たち自身がグループホームの存在意義を高めていかなければなりません。
 それぞれのグループホームが、自己点検シートを活用し、自分だもの支援を振り返り、地域における認知症ケアの拠点としての役割を果たしていけるようにチャレンジして頂きたいと思います。

■地域支援型グループホームの活動目標

  1. 私たちは、認知症のご本人が、入居されてからも、ご本人なりのなじんだ生活を継続出来るように支援します。
  2. 私たちは、認知症のご本人が、家族や親しい人だちとの絆を深め、なじみの地域との交流を保ちながら、地域での生活を継続できるように支援します。
  3. 私たちは、地域の認知症ケアの拠点として、地域住民の相談窓口や防災や見守りネットワークなど、地域包括支援センター等との連携などにより、グループホームの認知症ケアの専門性を活かした役割を果たします。

■活用の仕方

■活用の前に…趣旨を理解し、目的を明確にしよう!
  • 事業所として、取り組む目標を明確にする
  • 職員間で、何のために活用するのか、共通理解を図る
  • 直近の1年間の支援や活動を振り返り、活動の記録や写真などをまとめる
  • 2年目以降の場合、前年の活動計画の評価を行う
■自己点検シートを用いて、自己評価を行う
  • 4つのシート、計28項目を、それぞれ「できている」「できていない」のいずれかのレベルでチェックする。
  • 「できていない」のうち  
    • 検討・計画している
      …日頃から実施に向けて事業所内で検討し、実施に向けて計画段階である
    • 何度か試みている
      …機会をとらえて2〜3回試みているが、事業所として計画的な実施・支援になっていない
    *検討・準備の段階ではない場合、あるいは計画や試みの段階で工夫している、悩んでいる点など、下記の自由記載欄に、その旨を記載する
  • 「できている」のうち
    • 計画的に試みを続けている
      …事業所として方針を明確にし、計画的に試みを続けているが、まだ継続的あるいは日常的な取組になっていない
    • 継続的にできている
      …事業所として計画的に実施しており、継続的な取組、支援となっている
    • 継続的・日常的にできている
      …事業所として計画的に実施しており、継続的かつ日常的な取組、支援となっている
    *継続的とは、必ずしも月1回というような定期的なものでなくても、年間を通して、あるいは複数年にわたって取り組みが続いている場合も継続的ととらえて差しつかえない
    *日常的とは、必ずしも毎日のように連続したものでなく、たとえ月1回程度であっても、入居者の生活の継続性になっていれば、日常的ととらえて差しつかえない
    *事業所なりの工夫や成果、課題などを自由記載欄に記載する
■自己点検をもとに、行動計画を作成する
  • 年に一回、定期的に自己点検し、その結果をもとに、行動計画を作成する
  • 他事業所の点検結果や先進事例など、全国グループホーム団体連合会HPより情報収集し、行動計画に活かす
  • 運営推進会議において、点検結果を提示し、地域住民の意見を反映させる  

地域支援型グループホーム 自己点検の情報をご提供ください。



調査期間 平成29年5月1日(月)から平成29年5月15日17時まで

自己点検シートはこちら!【PDF】
本経営実態調査に関するお問い合わせ【専用】
回答要領ほか御不明の場合は本経営実態調査の担当
〒960-8165 福島県福島市吉倉字谷地73番の1
電話(携帯):090-5237-1728
FAX:024-545-2267
へお問い合わせ下さい。